矯正歯科治療とは?始める時期は?

~歯を動かす仕組み~

歯は、私たちが知らないうちに、少しずつ新しい骨と古い骨が置き換わっています。それは細胞の新陳代謝と同じしくみですが、矯正歯科治療で歯を動かすのは、このしくみを活用しているといってよいでしょう。

~歯を無理なく動かし、よい咬み合わせを求める!~

【歯の動くメカニズム】
歯が歯槽骨の中で動くのは、自然のメカニズムであり、これを上手に活かすと、矯正装置をつけて弱い力を加えることで、歯を無理なく目的の場所に動かすことができるのです。
矯正歯科治療は、ひと言でいうと「矯正装置と歯が動くメカニズムによって、歯を少しずつ動かしたい方向に移動させ、よい咬み合わせときれいな歯並びをつくる治療」といってもよいでしょう。
【もし、美しさだけを求めるなら】
患者さんの来院の理由をたずねると、「歯並びがデコボコしている」「上の前歯が出ている」、「歯の間にすき間がある」など、やはり見た目の悪さを治したいという理由が圧倒的多数です。
もちろん「咬み合わせが逆で、きちんとものがかめない」「舌足らずで発音が不明瞭」といった機能的な悩みの場合もあります。
悪い歯並びが及ぼす健康への影響が認識されるようになった結果、機能面の不都合を治療したいという希望が、どんどん増えてきているのは事実です。
見た目の改善…だけが治療の目的なら、比較的短期間でできます。例えば歯が出ているのを治したいというとき、歯根を残して歯冠部を切ってしまい、差し歯にする審美的な治療法もあるでしょう。しかし、この方法では歯根部に不自然な力が加わるため、歯の寿命が短くなることもあります。
それらは、矯正歯科医がめざす、歯そのものを大切にする治療とは根本的に異なります。咬み合わせ全体から治して、きれいな歯並びを実現したいと考えているのです。
【見た目と機能~2つの悩みの解決】
矯正歯科治療は、治療期間の短さをアピールするわけにはいきません。けれども、心身ともの健康増進を目的にして行うのならば、あごなどの成長・発育を予測した上で、健康な自分の歯をゆっくり、着実に動かしてゆくのが一番だと思います。
矯正歯科治療とは~を、もう一度整理してみましょう。
①歯は、弱い力をかけると動くものです。歯の上部だけでなく、根も動きます。
②矯正歯科治療は、歯が動くというメカニズムを利用して歯の表面に矯正装置をつけ、弱い力をかけてデコボコしている状態を治したり、出ている歯を引っ込めたりします。
③同時に、土台になるあごが前後左右にずれていた場合には、そのずれも治すことが目的になります。
④装置によって歯が動くスピードは、1ヵ月に1回ほどと考えられています。そのために時間がかかりますが、きちんと移動することができ、差し歯などよりも、口元の形と歯とのバランスをよくすることができます。
⑤咬み合わせをよくしてしっかりかめる状態をつくり、美しさと同時に、飲み込む、発音などの機能も十分に発揮できるようにします。
見た目と機能という両面から患者さんの悩みを解決し、健康に貢献するのが矯正歯科治療です。

~矯正治療を始めるよい時期は?~

【治療開始はひとりひとりに合ったタイミングで】
咬み合わせと歯並びによって、すべて違います!
「矯正歯科治療は何歳から始めたら?」とよく疑問に思います。
治療は、不正咬合の状態によってひとりひとりによったタイミングを見つける必要があるので、開始は何歳からと断定するのは、とても難しいことです。何歳からでも始められますが、より効果的な結果を得るためには、「本当は幼児期から矯正歯科医が定期的に観察していくのが理想的です」といえるでしょう。なぜなら、歯並びや口元、咬み合わせの問題は、歯の土台となるあごの形や大きさと切っても切れない関係にあるからです。
【早期治療と本格治療】
まず、矯正歯科治療には、治療の時期と内容で、「早期治療」と「本格治療」があります。
早期治療は、まだ乳歯の時期(乳歯列)や、乳歯と永久歯が混じりあった時期(混合歯列)に、あごの成長を見ながら咬み合わせやあごの形、大きさなどの改善を行うものです。この時期の適切な治療は大切です。
つまり、子どもの成長は早いので、悪い因子をそのままにしておくとどんどん悪くなる心配があります。早い時期に問題点を見つけて治し、いい方向に誘導するのが早期治療の目的です。
本格治療は、大人の骨格としてあごの成長がある程予測できたところで、永久歯のよい咬み合わせと歯並びを得るために、矯正装置を使って本格的に取り組む治療です。
開始時期は、アンケート調査で、10~12歳が38%と、一番多く、次いで13~15歳でした。
といっても、出っ歯の場合はあごの成長を利用して治すのでもう少し早くから始めることが多く、逆に下顎前突の場合は、身長の伸びがゆるやかになるのを待って本格治療を始めることもあります。
【早期治療の大切さ】
歯並び自体は大人になってからでも治せますが、あごの骨のコントロールは、成長期のほうがずっと容易です。
例えば見た目にはあごの形には問題がない単なる歯のデコボコのように見えても、現代人はあごが小さく、歯が大きい傾向なので、歯をきれいに並べるスペースを得る方法として、歯を抜くことがよくあります。こういう場合、早期治療であごの成長を促し、結果的に歯を抜かずに済んだというようなケースは、その成果の1つといってもよいでしょう。
もしも、お子さんの歯並びや口元が気になるのなら、単に美しさだけではなく、歯とあごとのバランスやトータルな機能の増進という点から考えて、早期治療が得策という場合があることを、知っておいてください。
【早めの相談が1番です】
治療を含めた矯正歯科治療の実際の開始年齢ということになると、一般的には7~8歳が多いでしょう。その理由の1つとして、矯正歯科治療には、お父さん・おかあさんの不正咬合に対する認識と、患者さん本人のやる気が何より大切ということがあります。
しかし、受け口や開咬、交叉咬合など、4~5歳の乳歯列の段階から治療したほうがよい場合もあり、相談だけは何といっても早めがベストでしょう。

~インフォメーション~


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP